So-net無料ブログ作成
検索選択
ミリタリー ブログトップ
前の10件 | -

下総航空基地開設四十九周年記念行事(式典・・・) [ ミリタリー]

10/3、「下総航空基地開設四十九周年記念行事」に行って参りました。

001.jpg

002.jpg

今年は”所用で”10/4の一般開放日に行けません。
ですから気合いも入る・・・ところなんですが原油高のおかげで縮小。
招待者には毎年ある体験搭乗もありません・・・・

ま・・・趣旨からいったらしょうがないのですが・・・

さて、来賓の方々の○×△なお話の後はお楽しみです。
下総所属の航空機による祝賀飛行!!

003.jpg

004.jpg

205教空のYS-11T-A 1機と203教空のP-3C 2機です
P-3が2機とも大きなテールマークなのがうれしい!
(最近はノーマーク機や小さなマークばかりです。)

そして例年なら救難飛行隊のUH-60J 2機・・・なんですが
・・・今年春に救難飛行隊が組織改編で移動・・・

さびしい・・・



と思っていたら大きなサプライズ!
館山航空基地から73航空隊のUH-60J が里帰り。
しかも・・・やはり館山の21航空隊の最新鋭機SH-60Kと退役間近のS-61A1を引き連れて!!
005.jpg

006.jpg
(すみません・・・正直慌てました・・・3機編隊の画像が後ろ姿だけです・・・)

来週のヘリコプターフェスティバル イン 館山で退役・・・もう見る事はないと思ってましたからうれしかったです。

この辺のお話は
http://shadow-toybox.blog.so-net.ne.jp/2008-06-14
も見てくださいませ。

あくまでも式典・・・なので機動飛行などの展示はありません。
でもカラーガード隊「下総マリンブルー」の演技はあります。

<007.jpg

008.jpg

さてこれで行事はおしまいです。”普通の”招待者の方は自費での午餐会に参加・・・なのですが参加しない私はそのままエプロンで降りてくる機体を待つ事に。

ヘリは帰るのだろうな・・・と思いながら追い出されないのを良い事に一人エプロンに・・・
012.jpg
結構寂しい・・・です。
013.jpg
あ・・・いささか旧聞ですが下総にもコブ付き(SATCOM付き)が配備されてますよ。ノーマークで翼端のオレンジとそうもないですが・・・


しばらく待っていたら降りてきました。
しかもS-61A1が!
009.jpg
あ〜。なんも言えません・・・

すぐにSH-60Kも。
010.jpg

という事は当然UH-60Jも降りてきました。
011.jpg
(この機体、移動前は下総の機体でしたね・・・)

そしてS-61A1がランプインしてきます。
014.jpg

60兄弟は仲良く・・・
015.jpg
(このあたりでP-3やYSは・・・ごめんなさいP-3,YS)

016.jpg
エンジンカット・・・後ろにYSが。
017.jpg
展示場所までトーイングされてます。

018.jpg
飛行後の点検も丁寧に。クルーにお話を聞いたら
「良いヘリですよ・・・まだまだ乗っていたい」
とおっしゃってました。

10/4の一般公開日にはフライトはないとか・・・
バイバイフライトに期待ですね。

来週・・・館山・・・か?

海自202ATSの岩手・宮城内陸地震支援 [ ミリタリー]

6/14のblog、
http://shadow-toybox.blog.so-net.ne.jp/2008-06-14
にも書きましたが岩手宮城内陸地震に関して海自・202ATSが運用委託されているUC-90「くにかぜII」が空中写真撮影を実施しています。
002.jpg

詳細は下記国土地理院のwebを。
http://www.gsi.go.jp/BOUSAI/h20-iwatemiyagi/index_h20-iwatemiyagi.html

001.jpg
土曜日に下総で目撃した機体は・・・大切な支援任務だった様です。
国土地理院によると15日に撮影、16日も撮影が行われたようです。

被災地の一日も早い復興と行方不明の方の救出をお祈りいたします。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

久々の下総エンド 〜 サヨナラS-61 [ ミリタリー]

<<岩手・宮城内陸地震被災地の皆様、謹んでお見舞い申し上げます。>>

昨夜S-61A1が飛来・・・との情報が。

思えば・・・久しく下総エンドにも行ってない・・・と気付き、行って参りました。

今日はお嬢の参観日だったので午後から・・・ちょうどスケジュールもぴったりでした。

今日は南風、RW19での運用でした。
1330過ぎの最初の上がりは・・・遠すぎます(涙)
あっさりあきらめ北側へ・・・降り狙いです。

しかし降りも・・・遠すぎます(号泣)
NYテロ以来強化された鉄条網が憎たらしい・・・
次に期待!と待ってましたらP-3Cが。
001.jpg
・・・#31もノーマーク・・・噂には聞いていましたけど。
背景のタワーももうすぐ更新とか。
人一倍思いがあるんですが・・・あのタワーには。

しばらくするとサプライズが!
002.jpg
なんとUC-90が。この機体に関しては前にも書きましたがレアです。
http://shadow-toybox.blog.so-net.ne.jp/2006-09-17
一機しかないんですから。

(あとで考えたら地震関連かも・・・喜んでいたらいけませんね、反省。)

そしていよいよS-61A1二回目の降りです・・・
003.jpg
キター!今回は近くまで来てくれました。

004.jpg
逆光で・・・青空の下じゃ無いけれど・・・
父の大湊転勤でS43に初めて見ました。
あの頃はHSS-2もこの南極カラー

あれからちょうど40年

サヨナラ、S-61・・・

平成19年度 下総航空基地 開設記念行事(29日・一般開放) [ ミリタリー]

さあいよいよ一般公開日となりました・・・が
夜半過ぎから無情の雨・・・です。
昨年は前日の式典が小雨・・・当日は晴天だったのですが今年は逆でした。

しかし!僕の愛するP-3C達はやってくれました。

このタイトな編隊!・・・なんか小さいですね(笑)

これ、今年新機種として配備・・・じゃなく制作されたminiP-3Cです。
「トリプル・セイラーズ」と言う名前だとか。
ちゃんとアンチ・コリジョンは点滅するし、プロペラだってまわります。
(余談、さすがにクルクル写真は失敗しました。TV1/secで何とか・・・ですがブレちゃいました)


そして悪役「不審潜水艦」の情報が。さっそく捜索する我らがminiP−3C。

発見!そして・・・

なんと対潜魚雷です。

ちゃんとホーミング(笑)そして命中!!!

不審潜水艦は哀れにも行動不能となったのでした。


手を振りながらさわやかに帰投するminiP-3C。来年は更なるバージョンアップをするのだとか。

・・・雨は小雨ながら降ったりやんだり・・・もうダメか・・・と思っていたら
下総航空基地隊救難飛行隊”シャイニー・スター”が展示を決行!


さすがラストイヤー。 そうか・・・この雨は涙雨だったんだ・・・





この雨を突いての機動飛行を披露してくれました。
上昇すると霞んでしまうような状況なのに。

そして救難展示です。

メディックが降下、要救助者を担架で収容します。

もう一機は周辺警戒中です。

最後に前進、後進、横進、八の字機動も。

気合いが入ってました。来年は・・・(涙)

後から思うとこの時が一番悪天候だった気がします。

お昼をまわると雨もほぼ止み、体験搭乗が始まります。

205ATSのYS-11T-Aが3機

そして今年は主役の座を譲った形となった203ATSのP-3C3機。

救飛も2機のUH-60Jがフル回転でした。

外来機も去年はなかったのですが今年は有りました。
ものぐさで画像無いんですがm(_ _)m
以下、リストです。
【海上自衛隊】
T-5 (小月教育航空群第201教育航空隊(小月))
TC-90 (徳島教育航空群第202教育航空隊(徳島))
SH-60K (第51航空隊第513飛行隊(厚木))

【航空自衛隊】
C-1 (第2輸送航空隊第402飛行隊(入間))

【陸上自衛隊[展示機以外]】
CH-47JA(第1ヘリコプター団第2ヘリコプター隊第1飛行隊(木更津))

CH-47JAは落下傘降下を行う予定でした・・・

雨で残念では有りましたが多くの方に会うことができ、お話が出来たのは嬉しかったです。
声を掛けて下さった皆さん、ありがとうございました。

最後に・・・航空隊・飛行隊だけではなく下総基地には多くの部隊・機関が所属しています。
この雨の中駐車場の整理・誘導や会場の警備、案内、そして小さな子供向けの企画などありがとうございました。

今年もまた、笑顔の一日となりました。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

平成19年度 下総航空基地 開設記念行事(28日・式典) [ ミリタリー]

9/28、下総航空基地の開設記念行事の一つ「式典」に参加してきました。
ちなみに昨年はこちら・・・
http://blog.so-net.ne.jp/shadow_toybox/2006-10-27

昨年と同様、式典と一般公開の2日間にわけて実施されるのですが昨年と違うのは司令部庁舎前グラウンドではなくエプロンで行われたことです。

最初に、国旗と自衛艦旗の入場です。参列者も起立!

そして、訓示・・となるのですがその中で次期哨戒機P-Xの初飛行成功のニュースが報じられました!
下総基地は次世代の飛行要員と飛行場要員の教育を行っている基地ですのでP-Xへの期待もより大きいようです。

その後、ラッパ隊によるラッパ吹奏が行われ、

いよいよ祝賀飛行です。

下総航空基地隊救難飛行隊所属のUH-60Jの2機編隊。


第205教育航空隊所属YS-11T-Aの航過飛行と続きます。

そして最後が第203教育航空隊所属のP-3C哨戒機3機編隊・・・

・・・だったのですが天候の都合で一機のみ。残念。

イベントの最後は女性自衛官によって編成されたカラーガード隊「下総マリンブルー」

全国でも下総にしかないこのチーム、全国のイベントでも活躍しています。

この後、会費制の午餐会(昼食会)となるのですが私は不参加・・・

午後は体験搭乗です。
機種はP-3C、YS-11T-A、UH-60Jから選べたのですが今回はP-3Cとしました。
理由は・・・昨年は悪天候でキャンセル、その前もシミュレーションテイクオフ・・・と運がなかったからです(笑)


幸いこの素晴らしいお天気、期待できます。

今回搭乗したのは3機編隊の3番機です。

最初は後部のギャレー(休憩所)に。そこの窓から魚眼でとるとこんな感じです。
主翼と尾翼が一緒に写ってます。

後部左の見張り席から。

ちょうど勝田台上空です。

離陸の際は後部にいたので今度は前へ。
途中のセンサーマンシートの付近は撮影禁止です。窓も主翼確認用の小さいものがあるだけです。

コクピット直後のナビゲーターシートから。
バブルウインドウ越しに・・・

ここは旧市川松戸有料道路料金所付近です。

さて最後にコクピット。

メインパイロット、コパイロット、そしてフライトエンジニアの仕事場です。

コクピット右窓から。

中央奥に手賀沼、その右手が下総基地です。一番機がアプローチ中・・・ですが見えませんよね?

そしてファイナル。コパイシートの後ろから。

こんなふうに見えるんです。

着陸後のタキシー。先行機を・・・と思ったら自機の影が。

今日は全く揺れずに、満喫することができました。最高です。

いよいよ明日は一般公開日。天気が気になります・・・


いよいよ海自下総航空基地開設記念行事が! [ ミリタリー]

今週末、海上自衛隊下総航空基地の開設記念行事が行われます。
下総基地も開設から48年。もうすぐ50年なんですね。

さて、今年は昨年と同様に28(金)が招待者対象の式典、29(土)が一般公開と言うスケジュール。
詳しくは下記を。
http://www.mod.go.jp/msdf/simohusa/event/openhouse07.htm

というわけで下総ウィーク!
先週も事前訓練が・・・と言う話だったので今日もかも・・・と仕事の途中寄ってみました。
しかしさすがに大きなレンズ(笑)はもって行かずにニョウボ殿用のKIssDNにタムロンの28-300と言う超お手軽装備です。

”いつもの場所”に着くとすぐに(!)始まりました。
まずは祝賀飛行です。
最初は下総航空基地救難飛行隊のUH-60Jから。

この部隊、今年度いっぱいです・・・

次は第205教育航空隊のYS-11T-A。

民間機は全て日本の空から消えましたがまだ元気です。
205ATSの機体は珍しい機体ですよ。胴体下のレドーム、わかりますか?

最後に第203教育航空隊のP-3Cです。

教官パイロットが操縦する・・・見事な編隊です。

さて、祝賀飛行が終わると次はいよいよ展示飛行です。

こちらも救難飛行隊から。


・・・ラストイヤーだからでしょうか?気合いが入ってます。
好きなんですけどね・・・私。
展示の内容は・・・当日のお楽しみにとっておきましょう(笑)

最後は203ATSのP-3Cがしめます。


これもまた低い!!

そして最後の3番機は・・・

今日の撮影ポジションはちょうどエプロンの反対側。つまり当日はエプロンから背中がバックリ!

あ〜楽しみになってきた。プロペラ機とヘリだけだから地味・・・かも知れませんが私は大好きです!
週末が待ち遠しいです。


宇都宮〜!! [ ミリタリー]

***!!袋田の住職様に教えていただきましてスキンを変えたら画像が全て表示されるようになりました!。
袋田の住職様、ありがとうございました。

*  一部画像を差し替えました。
** 画像が”比較的大きい”ため、右側が切れているようです・・・
   別画面で開いていただけると全て表示されます。

”堅い方のお仕事”で宇都宮に行きました・・・
ええ、下心満載(!)で。

もちろん、陸上自衛隊北宇都宮駐屯地に隣接するF重工で試験飛行をしているAH-64Dがお目当てです。
機材はいつもの328+1D mk2にテレコン、そして”新機材”の28-300をつけたKISS DNです。

お仕事が予定より手間がかかり飛行場についたのが0940ぐらい、車から降りると富士エリア前でちょうどホバー中です。

・・・間に合いました。(遠いけどね)

アパッチ君はそのまま北へ上がりどこかへ(^.^)/~

でも飽きません。12飛のUH-60JAが上がっていくのですが・・・

ご覧の通りスキー付きだったり、

LR-1が離着陸を繰り返します。(タッチ&ゴーではなく・・・)
さらにOH-6Dはオートローテーションの訓練。

いい感じです。(今日はあたり?)

ほら、タキシーしていくLR-1とOH-6Dが重なりました(喜)

そうしているとアパッチも帰ってきました。(概ね1020ぐらいです。)

う〜ん逆光だ。(涙)

ちなみに今日の吊りモノは・・・

対戦車ミサイルのランチャーとロケット弾ポッド、そして対空ミサイルランチャーでした。

そのままフジエリアへタキシーバックです。

しかし、20分ほどするとまたアパッチ君が!

午前中だけで二回見れた!!いいぞ〜〜〜〜

結局この回も40分ほど経って帰ってきました。
風向が変ったようで今度は北から。

・・・でも近くへは来てくれませんでした.

午後からは他の予定もあったので帰途につきましたが充実した時間でした。
思えば・・・これが今年の”初ミリタリー”です。

べる47改様、遊んでくれてありがとうございましたm(_ _)m


下総基地の航空機vol2 [ ミリタリー]

・・・・この企画一年半前に・・・・YS-11T-Aで書いて・・・そこで途切れたんだよねぇ、ブログの更新。

でも、やはりvol2を。
ちなみにvol1はここです。
http://blog.so-net.ne.jp/shadow_toybox/2005-06-21

さて、今回は救難ヘリUH-60Jです。
所属は下総航空基地隊救難飛行隊・・・そうです、基地隊所属なんです。

だからテールブームに書いてあるのも所謂飛行隊ナンバーではなく「モ」です。
(下総の「シ」でないのは・・・やはり日本的な理由でしょうか?)
現在下総基地には#8966と#8974の二機が配備されています。

もちろん基地祭でも救難展示を見せてくれます。

救難対象上空に進入。

ロープやウインチを使っての機上救難員による救助、です。普段の厳しい訓練が想像できます。

その機内は広い・・・のですが、

見ての通り天井が低めです。
普通の大人ですとかがまなければ移動できない・・・とか。

海上自衛隊のUH-60JはS-61A救難型の後継機として三菱重工でライセンス生産が行われました。
1号機#8961は1991年11月10日に初飛行、12月9日に納入されました。
その後1992年3月27日から部隊配備が始まり、2003年12月に最終機#8979が引き渡されました。
哨戒ヘリとして採用されているSH-60Jと比べると対潜装備の全てが搭載されていないことと、外観的には米陸軍型をベースとした為に尾輪の位置や、艦載の為のローターやテールブームなどの折畳み機構等が無いこと。
そして機首には気象レーダーとFLIRを装備して夜間捜索能力を備え、胴体左右には目視捜索用のバブルウィンドウを装備しています。(バブルウインドウはSH-60Jにも有りますが)
それから、航続力延長のため増加タンクを装備しています。
(これは外すことができるようなのですが海自の機体では見たことが有りません)

もちろん、自衛隊機の救難のため・・・が第一義での配備では有りますがその他の災害や事故などへの出動も大切な任務です。

機体の横の消火器がわかりますか?何かあるとすぐに飛行できるように待機している証です。
地震などがあると・・・飛んでますよね?(あれ?訓練・・・???)

兄弟機としては先に上げた哨戒ヘリのSH-60Jとその全面改良型のSH-60K

それから空自でやはり救難ヘリとして使用されているUH-60J

こちらは海自の機体とほぼ同型、色が違いますね・・・

そして陸自の汎用ヘリUH-60JA

こちらは機首の装備形状や排気口(IRサプレッサー)、ワイヤーカッター、そしてバブルウインドウの替わりに開閉可能な側面窓など少々違います。主任務が違いますからそうなったようですがやはり災害派遣などで活躍しています。

派手な塗装ではありますが”正面装備”と呼ばれる哨戒機などと比べると少し地味・・・かもしれません。
しかし救難・・・人命を助ける為に常日ごろの訓練は非常に厳しいと聞いています。

がんばれ!救難飛行隊!!


平成18年度 下総航空基地 開設記念行事(28日・一般公開) [ ミリタリー]

平成18年度 下総航空基地 開設記念行事も二日目、一般公開日となりました。
シンプルに言うなら基地祭です。空自は航空祭、陸自は駐屯地祭というようですが僕たちは昔から基地祭でした。

0900、エプロン地区オープンと同時に飛行展示参加機が離陸をはじめます。

僕はこのP-3Cの頭を下げた離陸滑走姿勢がとても好きです。主翼に仰角が有るので加速中は機首を下げドラッグを軽減する・・・なんてことはどうでもいいですね。とにかく好きです。

ここから約2時間、展示飛行まで時間があるのですが・・・
展示機を見る人、あちこち探検(?)する人と思い思いに過ごします。
僕たちは・・・仲間と集まりくだらないお話をしておりました。

そしていよいよ、祝賀飛行です。
まずは下総航空基地隊救難飛行隊所属のUH-60J 2機による航過飛行。

救難ヘリコプターです。航空機の救難以外にも災害派遣などにも活躍しています。

つづいて第205教育航空隊(205ATS) 所属のYS-11T-Aです。

前にも書きましたがYS-11はまだ日本の空を飛んでいますっ!!RRダートの軽快な音ともに。
205ATSでは搭乗員訓練に使われています。機内にはいろいろな機器が搭載されています。
民間型との一番の違いである胴体下のレーダードームがわかりますか?。

最後に登場したのが第203教育航空隊(203ATS)所属のP-3C 3機による飛行。

今の下総基地の主役ですね。
P-3Cの搭乗員養成に使われています。本業(?)の対潜水艦作戦の他にも不審船対応や遭難船(者)捜索、意外なことに冬期の流氷観測などにも活躍しています。

これで下総の所属機は全機種登場しました。
ここで昨日も紹介しました”下総マリンブルー”の演技が有りました・・・

今度は展示飛行です。
最初は救難飛行隊のUH-60Jの演技。

会場正面を右に左にと機動性をアピールします。

そして救難展示。

ロープで救難員を降しヘリはそのままホバリング。

今度はウインチで要救助者を収容します。テレビなどでおなじみの光景です。
あれも皆この様な日ごろからの訓練の成果なんでしょう。

エンジントラブルを想定したオートローテーションのデモや垂直上昇のデモをはさみ今度ははホバリングからの横ばい機動です。

最後に会場正面で大きく八の字飛行。背中がよく見えます。

下総基地隊救難飛行隊の皆様、ありがとうございます。

そしていよいよ我らが203ATSのアトラスフライト

会場右手(北側)から進入。先程の3機編隊のあとからさらに1機・・・

高速で来た4番機が先行する3機編隊を追い抜き編隊は大きくブレーク・・・なんですがタイミングを逃し撮りのがしました。(涙)

気を取り直して・・・っと。

次はNo1エンジンストップのデモ。洋上で長時間捜索をする時など燃料節減の為停止させるそうです。

・・・止っていますね。ちょっといたずら。

左からよく見るとプロペラブレード(羽根)がだんだん進行方向に対し平行になっていくのがわかるかと思います。
抵抗を減らす為です。

そして物量傘投下ですが今年の新種目(?)搭乗ドアからの投下です。

これは初めて見ました。訓練時は反対側から見ていたので一瞬何が起こったのかと思ってました。
通常の投下はボムベイからです。

今度は対潜捜索からの攻撃デモ。
まずは捜索。低空で深いバンクを取っての捜索です。

潜水艦発見!ということで今度は攻撃です。ボムベイを開くと・・・

・・・投下しました。

このとき、会場左手の方に模擬潜水艦(?)が出現し、煙を噴いて降伏する・・・という演出が有ったそうなのですが私の場所からは展示機の影で見えませんでした。残念。

最後にサヨナラパスです。これは一番機から順に。



それぞれ右手から進入、これでもかとばかり翼を振ります。かっこいい!

で4番機は・・・

左バンクを取ったまま進入!すごい背中の見せ方です。低いし!

これで飛行展示は終了。参加機が続々と降りてきます。

そんななか先程派手に背中を見せてくれた4番機には・・・

ワンポイント(?)が素敵です。

203ATSの皆様、今年も素晴らしい展示飛行、ありがとうございました。

さいごに・・・どうしても飛行隊中心の記事になってしまいましたが下総基地には多くの部隊・機関が所属しています。その皆様が駐車場の整理・誘導や会場の警備、案内、そして小さな子供向けの企画など大変なご苦労をされていることと思います。

ありがとうございました。おかげさまで笑顔の一日となりました。


平成18年度 下総航空基地 開設記念行事(27日・式典) [ ミリタリー]

平成18年度 下総航空基地 開設記念行事に招待をいただいたので行って参りました。
ことしは式典を部内と招待者で行い翌日(28日)に一般公開の”基地祭”の二日間行われます。

式典はてっきりエプロン地区で行われるのかと思っていましたが司令部庁舎前の芝生グラウンドでした。
1030から式典・・・なんですが私が到着した0945にはもう、整列員の皆様は整列していらっしゃいました。


定刻になり、国旗、自衛艦旗の入場です。

そして訓示。我々一般の人に向けた部分と隊員に向けた部分で言葉遣いが違うんですよ。
機会が有りましたらよく聞いてみて下さい。

式典終了後整列員退場、そしてラッパ隊の吹奏デモ。

・・・幼い頃から耳にしてたのでなぜか懐かしかった・・・

いよいよ期待の!祝賀飛行!!

まずは下総救難飛行隊所属のUH-60J の編隊です。
会場がエプロンではないのでいつもより東よりのコースです。これは違った絵が撮れそうです。

・・・が205ATSのYS-11T-Aと203ATSのP-3Cの飛行は悪天候(視程不良)でキャンセル(涙)
楽しみは翌日にとっておくことにしましょう。


最後にWAVEによるカラーガード隊”下総マリンブルー”の演技です。
全国各地の基地祭・航空祭にも出張しているので見られた方も多いのではないでしょうか?

行事終了後は会費制の午餐会。・・・私は出席しないで厚生センターでランチです(笑)

食事の後体験搭乗の予定が有りましたので飛行場地区へ

やっつけ仕事ですがパノラマ合成しました。別画面で開いて下さい。
手前に並んだUH-60J、YS-11T-A、P-3C(三機)が体験搭乗予定機です。

が・・・これもまたキャンセル(TOT)

海自航空部隊の名誉の為に書きますが飛べないわけでは有りません。
飛んでも何も見えないし、揺れるからキャンセルとなっただけです。・・・惜しいですが。


28日の一般公開は天気がよさそうです。期待しましょう。
(この画像の反対側、左舷側にはちょっとした秘密(?)が有ったりしますが)

礼儀正しく丁寧に対応して下さった隊員の皆様、ありがとうございました。
翌日も・・・また・・・


前の10件 | - ミリタリー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。